スポンサーリンク

花子とアンで葉山晶貴役の飯田基祐!明治時代の1000円の価値は?出演作品は?【画像あり】

花子とアンで葉山晶貴役を演じられています

「飯田基祐さん」

について調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

飯田基祐(いいだきすけ)- 今旬な情報をお届けします!!
飯田基祐(いいだきすけ)

本名:飯田 雅博
生年月日:1966年8月2日
年齢:51歳
出生地:東京都
身長:177cm
星座:獅子座
血液型:O型
趣味:水泳、陸上、ギター演奏
事務所:太田プロダクション

花子とアンでの役どころ

NHK連続テレビ小説「花子とアン」では嘉納(葉山)蓮子(仲間由紀恵)の兄である葉山晶貴役を演じています。

葉山晶貴(飯田基祐)-「花子とアン」- 今旬な情報をお届けします!!
葉山晶貴(飯田基祐)-「花子とアン」- 今旬な情報をお届けします!!
葉山晶貴(飯田基祐)-「花子とアン」- 今旬な情報をお届けします!!
葉山晶貴役の飯田基祐さん

葉山晶貴はかなり裏の顔がある方のようですね!

また、葉山晶貴の妻である葉山園子を村岡希美さんが演じていらっしゃいますね。

葉山晶貴(飯田基祐)-「花子とアン」- 今旬な情報をお届けします!!
葉山園子(村岡希美)と葉山晶貴(飯田基祐)

ドラマの中では安東はな(吉高由里子)と葉山蓮子(仲間由紀恵)にいたずらされていましたね!

葉山晶貴(飯田基祐)「花子とアン」- 今旬な情報をお届けします!!
葉山晶貴(飯田基祐)「花子とアン」- 今旬な情報をお届けします!!
葉山晶貴(飯田基祐)「花子とアン」- 今旬な情報をお届けします!!
いたずらで背中に張り紙をされる葉山晶貴

明治時代の1000円の価値は?

また、ドラマの中で寄付金として1000円の小切手が登場しましたね。

明治時代の1000円の小切手 -「花子とアン」- 今旬な情報をお届けします!!
1000円の小切手

調べてみたところ明治時代の1円は現在の額に換算すると、なんと!

「明治時代の1円=現在の2万円」

ということがわかりました。

つまり、この時の1000円の小切手は現在では

「2000万円」

の価値があるというわけです。

確かに大変な金額ですよね!!

これまでの出演作品

飯田基祐さんはこれまでに数多くの作品に出演されています。

主な作品は以下のとおりです。

<ドラマ>

  • 隠蔽捜査(2014年3月3日) – 折口秀彦役(第8話ゲスト)
  • 35歳の高校生 最終話(2013年6月22日) – 刑事 役
  • 花咲舞が黙ってない 第2話(2014年4月23日) – 新田隼夫 役
  • ショムニ2013 第5話(2013年8月14日) – 五十嵐幸一 役
  • 軍師官兵衛(2014年1月 – 12月) – 井手友氏 役

<映画>

  • ALWAYS 三丁目の夕日(2005年11月) – 中島巡査
  • THE 有頂天ホテル(2006年1月) – バーラウンジのマネージャー 役
  • ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007年11月) – 中島巡査
  • SPACE BATTLESHIP ヤマト(2010年12月) – 地球防衛軍クルー 役
  • RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(2011年)
  • ALWAYS 三丁目の夕日’64(2012年1月) – 中島巡査
  • ストロベリーナイト(2013年1月) – 柳井篤司
  • くじけないで(2013年、深川栄洋監督)
  • チャイ・コイ(2013年12月)
  • 白ゆき姫殺人事件(2014年3月29日公開、松竹、中村義洋監督)
  • 永遠の0(2013年12月21日公開)


これからも飯田基祐さんの素晴らしい演技を楽しみにしていきたいと思います。

スポンサーリンク

1件のコメント

  • 銀子

    小切手の振出日が明治拾弐年四月拾六日となっていて、進行している花子とアンの時代とはなぜか合いませんね。折角、印鑑は葉山晶貴と芸名に合わせ押してあるのに残念ですね。

コメントを残す




*