スポンサーリンク

花子とアンで安東周造役の石橋蓮司!妻は誰?作品は?CMは?【画像・動画あり】

花子とアンで安東周造役を演じられています

「石橋蓮司さん」

について調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

石橋蓮司(いしばしれんじ)
石橋蓮司(いしばしれんじ)

本名:石橋蓮司
生年月日:1941年8月9日
年齢:75歳
出生地:東京都品川区
身長 :178cm
血液型:AB型
職業:俳優、演出家
特技:日本舞踊
ジャンル:映画、テレビドラマ、ナレーション
活動開始:1954年
配偶者:緑魔子

プロフィール

NHK連続テレビ小説「花子とアン」では主人公である安東はな(山田望叶吉高由里子)の祖父安東周造役を演じられています。

安東周造(石橋蓮司)「花子とアン」
安東周造(石橋蓮司)「花子とアン」
安東周造(石橋蓮司)「花子とアン」
安東周造(石橋蓮司)「花子とアン」
安東周造役の石橋蓮司さん

ドラマの中では温厚な「おじいやん」として演技をされていますよね!

また、安東周造の名セリフとして、

「そうさな」

がありますね。

ワンフレーズの中で、その場の雰囲気を見事に表現している石橋蓮司さんはやっぱりスゴイですよね!

また、おじぃやんが亡くなる直前に辞世の句として詠んだ歌の内容がこちらになります。

「まだまだと おもひすごしおるうちに はや 死のみちへ むかふものなり。」 周左衛門


これは、はなに向けてやりたいことを思いっきりしなさいという言葉ですよね。

安東周造(石橋蓮司)「花子とアン」
辞世の句を詠む周左衛門

なお、死後も頻繁に登場しています。

安東周造(石橋蓮司)「花子とアン」
夢の中に登場して辞書を持って行こうとするおじいやん

安東周造(石橋蓮司)「花子とアン」
若かりし頃の髪の毛がふさふさのおじいやん

安東周造(石橋蓮司)「花子とアン」
安東はなの祝言の席に現れたおじいやん

妻は誰?

石橋蓮司さんは、1976年に劇団第七病棟を旗揚げされました。

その際に共に旗揚げに参加していたのが妻である

「緑魔子さん」

になります。

緑魔子
緑魔子さん

緑魔子さんとは1979年にお二人の間に生まれたお嬢さんが小学校に入学するのに合わせて入籍をしています。

現在は別居生活を長年続けているそうです。

出演作品は?CMは?

石橋蓮司さんの芸歴は1954年からということで、子役として芸能界デビューを果たしています。

そのため、出演された作品は膨大な数となっています。

そこで、石橋蓮司さんの主な出演作品をご紹介したいと思います。

石橋蓮司さんといえば、色々な役柄を演じられることで有名ですが、その中でも映画

「アウトレイジ」

に出演された時のような悪役をされることが非常に多いですね。

村瀬組組長(石橋蓮司)「アウトレイジ」
村瀬組組長(石橋蓮司)「アウトレイジ」
「アウトレイジ」での村瀬組組長役

一方では、時代劇にも出演されており、現在でも大河ドラマの平均視聴率ナンバーワンと言われている

「独眼竜政宗」

では、徳川家康の家臣である柳生宗矩(やぎゅうむねのり)役を演じていました。

柳生宗矩(石橋蓮司)「独眼竜政宗」
柳生宗矩(石橋蓮司)「独眼竜政宗」
柳生宗矩役の石橋蓮司さん

このドラマでは当時まだ若手俳優だった渡辺謙さんと演技をされています。

柳生宗矩(石橋蓮司)「独眼竜政宗」
柳生宗矩(石橋蓮司さん)と伊達政宗(渡辺謙さん)

また、CMでは大変コミカルな役で出演されています。

そのCMがこちらになります。

◆ニチレイ 新レンジ生活 石橋蓮司

どんな役でもこなせる名俳優の石橋蓮司さんの演技をこれからも楽しみにしていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す




*