スポンサーリンク

花子とアンで下山役の木下ほうか!吉本新喜劇出身であることが判明!出演作品は?CMは?【画像・動画あり】

花子とアンで東西日報の新聞記者である下山役を演じられています

「木下ほうかさん」

について調べてみました。

スポンサーリンク


プロフィール

木下ほうか(きのしたほうか)
木下ほうか(きのしたほうか)

本名:木下鳳華
ニックネーム:ほうちゃん
生年月日:1964年1月24日
年齢:53歳
血液型:O型
出身地:大阪府
身長:173cm
スリーサイズ:B95/W82/H90(cm)
足のサイズ:26cm
高校:大阪府立野崎高等学校卒業
大学:大阪芸術大学舞台芸術学科卒業
特技:キックボクシング、空手
趣味:バイク
資格:普通免許、大型自動二輪、二級小型船舶免許、正道会館空手初段
所属:キャストパワー

花子とアンでの役どころ

NHK連続テレビ小説「花子とアン」では東西日報の新聞記者である下山役を演じています。

下山(木下ほうか)「花子とアン」
下山(木下ほうか)「花子とアン」
下山役の木下ほうかさん

ドラマの中では嘉納伝助(吉田鋼太郎)が嘉納蓮子(仲間由紀恵)に反論記事を新聞に掲載するために自宅に呼び寄せていましたね。

嘉納伝助(吉田鋼太郎)「花子とアン」
反論記事の内容を口頭で伝える嘉納伝助

一度は反論記事を掲載することを撤回しましたが、女中の山元タミ(筒井真理子)の手によって結局新聞に掲載されてしまいました。

下山(木下ほうか)と山元タミ(筒井真理子)「花子とアン」
下山と山元タミ

吉本新喜劇出身であることが判明!

木下ほうかさんは1980年に映画「ガキ帝国」のオーディションに応募して合格をし、この作品をきっかけとして俳優となりました。

その後、大学卒業後に吉本興業に入社し、吉本新喜劇の舞台に経ちました。

しかし、残念なことに思うように吉本新喜劇では活躍することができなかったため、わずか3年で吉本興業を去ることになりました。

ですが、結果として今や日本映画界の名バイプレーヤーとして活躍される木下ほうかさんの演技を見ることができているわけですよね。

出演作品は?CMは?

木下ほうかさんはこれまでに数多くの作品に出演されています。

その中での主な出演作品は以下のとおりです。

<映画>

  • 「半グレvsやくざ」
  • 「おかえり、はやぶさ」本木克英監督
  • 「寄性獣医 鈴音」金田龍監督
  • 「次郎長三国志」マキノ雅彦監督
  • 「青いうた・のど自慢青春編」
  • 「大奥」林徹監督
  • 「忍-SHINOBI-」下山天監督
  • 「北の零年」行定勲監督
  • 「ゲロッパ!」井筒和幸監督
  • 「刑務所の中」崔洋一監督
  • 「竜二Forever」細野辰興監督
  • 「マルタイの女」伊丹十三監督
  • 「岸和田少年愚連隊」井筒和幸監督

<ドラマ>

  • 「昼顔」(CX)レギュラー
  • 「花子とアン」第17週(NHK)
  • 「花咲舞が黙ってない」(NTV) 第4話
  • 「極悪がんぼ」(CX) 第2話
  • 「モザイクジャパン」(WOWOW)
  • 「ダンナ様はFBI」(NHK・BSプレミアム)
  • 「刑事」(TX・開局50周年ドラマスペシャル)
  • 「埋もれる」(WOWOW ・ドラマW)
  • 「犯罪心理学教授 兼坂守の捜査ファイル」(EX・土曜ワイド)
  • 「鼠、江戸を奔る」(NHK・木曜時代劇)第3話
  • 「ガンリキ 警部補・鬼島弥一3」(TX・水曜ミステリー9)
  • 「鴨、京都へ行く。-老舗旅館の女将日記-」(CX)第4話
  • 「負けて勝つ」(NHK・土曜ドラマスペシャル)
  • 鬼平犯科帳スペシャル「見張りの糸」(CX)
  • 「ガリレオXX 内海薫最後の事件」(CX)
  • 「浅見光彦シリーズ32」(TBS・月曜ゴールデン)
  • 「メイドインジャパン」(NHK)

出典:キャストパワーホームページ

また、出演されたCM動画はこちらです!

◆損保ジャパン CM 「時代をこえて」

今後も木下ほうかさんのご活躍を期待したいと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す




*